2012年06月19日

ジェニファー・ロペスセレブリティ100リストで1位に

ジェニファー・ロペスが『フォーブス』誌で毎年恒例の“セレブリティ100リスト”で1位に選ばれた。

この番付は、2011年5月1日から2012年5月1日までの収入やメディアへの露出度、そしてソーシャルメディアに与えた影響などを統計したもの。

ジェニファーはこの1年間で5200万ドル(約41億6000万円)の収入を得て、テレビ番組『アメリカン・アイドル』の審査員としてのメディアへの露出度や、元夫(マーク・アンソニー)との離婚騒動などエンターテイメント業界でビッグニュースとなった。



『ピープル』誌が選ぶ『最も美しい人』のランキング、『グラマー』誌が選ぶ『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』も要因となった様子。

ジェニファーに続き第2位は、昨年1億6500万ドル(約132億円)の収入があったオプラ・ウィンフリー、第3位は女の子たちに人気が高く、昨年5500万ドル(約44億円)の収入があったジャスティン・ビーバー、第4位はリアーナ、第5位はレディ・ガガが選ばれた。

アメリカは英語圏なので世界で活躍できるからこんなに金額が高いのでしょうかね。

またアメリカンドリームを象徴する差をつけたものですかね。

意外とレディガガは低いのですね。

日本では親日家として持ち上げられることも多いですが。




ジェニファー・ロペス/ウェディング宣言はセレブ感があってなかなかおもしろかったです。

posted by リンリンリ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/276084111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。